おまいり日和 Blog

Omairi Biyori Blog

お寺

梵字がすごい深川不動堂

2019/03/18

前回のブログでは「梵字」についての紹介がありましたが、今回は梵字繋がりということで「深川不動堂」をご紹介させていただきます。

 

↓前回記事はこちら↓

梵字って何だろう?

 

なぜ梵字繋がりかというと、写真を見ていただければ一目瞭然だと思います。

 

 

梵字、梵字、梵字の嵐です!

 

 

実はこれ深川不動堂の本堂外壁なんです。

すごい量の梵字が書かれているので、初めて見た時は衝撃を受けました。

開創310年の記念事業として平成23年(2011年)に建てられたものなので比較的新しい建物のようです。

この梵字はお不動様のご真言が繰り返し書かれています。

 

 

「のうまくさんまんだ ばざらだん せんだ

 まかろしゃだ そわたや うんたらた かんまん」

このお不動様のご真言は御護摩修行でも繰り返し唱えます。

 

サンスクリット語で、

「激しい怒りの姿をされ、暴虐なるほどのお力を持っておられる守護尊、不動明王よ。

 私の迷いや障害を打ち砕いてください。そして私の願いを成就せしたまえ。」

というような意味だそうです。

 

 

深川不動堂は東京メトロ東西線 門前仲町駅 1番出口からすぐのところにあり、近くには「富岡八幡宮」があります。

 

↓以前富岡八幡宮についてご紹介した時の記事はこちら↓

富岡八幡宮で発見した可愛いお守り

 

深川不動堂は、初詣では300万人以上の人が訪れることで有名な千葉県成田市にある「大本山成田山新勝寺」の東京別院です。

 

↓以前成田山についてご紹介した時の記事はこちら↓

三十六不動霊場巡り

そのため御本尊は不動明王です。

 

 

元禄16年(1703年)に徳川綱吉の母、桂昌院の「成田山の不動明王を江戸において参拝したい」という希望が実現し、お不動様の江戸出開帳がされたことから不動尊信仰は急激に世に広まったそうです。

 

当時の江戸出開帳の場所は「深川永代寺」境内で、これが現在の深川不動堂の開創のきっかけとなりました。

明治初期には政令により神仏分離を余儀なくされ永代寺は廃寺となりましたが、明治14年(1881年)に現在の地に深川不動堂が建立されました。

 

まずは参拝をして、早速ピカピカの本堂に入ってみました。

本堂の中は撮影禁止だったのでここからは文章だけの説明になってしまいますが、気になる方は是非実際に足を運んでみてくださいね。

 

中に入ると13時からの御護摩修行を待つ人達で混みあっていました。

 

御護摩(ごま)とはサンスクリット語で「供物を捧げること」「犠牲」「いけにえ」を意味するホーマーを日本語に訳したもので、護摩木という特別な薪を焚き上げる真言密教の秘法です。

護摩の炎は不動明王の智慧を象徴し、護摩木は煩悩を表しています。

御護摩修行を通じて自身の煩悩を焼き尽くし、諸願成就を祈念するものです。

 

私も用意されている椅子に座り始まるのを待ちました。

御護摩修行が始まるとドーーーンという大きな太鼓の音にびっくり!

すごい迫力で太鼓の音波が身体中に響きます。

会場はホールのようになっていて段差があるので、音の反響がすごくまるでミュージカルを観にきているような感覚になりました。

燃える火を見つめ、御真言を唱えることで自分を見つめ直す良いきっかけになりました。

 

御護摩修行は毎日9時・11時・13時・15時・17時に行われています。

縁日のみ19時の回もあるようです。

 

※縁日というのは仏さまや神様と特に縁を深く結び、格別のご利益を受けることができる日のことです。

深川不動堂の縁日は1日・15日・28日です。

 

本堂は4階建てになっていて、入り口の1階の他2階・4階に上がることができるようになっています。

2階に上がってすぐのところに「四国八十八ヶ所巡拝所」があります。

ここは四国八十八カ所霊場のお砂を納めた部屋です。

関東に住んでいてはなかなか四国まで行くことができませんが、東京深川で手軽に四国お遍路を体験することができます。

八十八ヶ所の仏像と回転する柱があるので、ひとつひとつの柱に触れながら部屋を一周し、数分で霊場巡りをすることができました。

 

本堂内は今まで行ったどのお寺よりも多くの仏像があり、飽きることなくお参りすることができます。

4階の宝蔵大日堂では天井全体に「大日如来蓮池図」があり、見上げると巨大な大日様と大きな蓮に感動しました。

 

境内には水を司る「深川龍神」や成田山新勝寺境内にある成田山開運出世稲荷の御分霊をお祀りしている「深川開運出世稲荷」などのパワースポットもあります。

 

 

 

深川不動堂でお受けできるお守りの種類は他の神社仏閣に比べてダントツで多いです。

お守り売り場はまるで雑貨屋さんのようで、どれにしようか選ぶのも楽しむことができました。

 

少し悩みましたが今回は「勝御守」をお受けしました。

 

 

仕事やスポーツ、自分の弱い心などに勝てる万能なお守りなので、欲張りな私にはぴったりだと思います(笑)

 

最後に参拝した記念として御朱印をいただきました。

 

 

後から気付いたのですが、左上の緑色の印は縁日にしかいただけないようです。

限定印が欲しい方は1日・15日・28日を狙ってみてくださいね。

 

 

お参りを終え帰る途中に、以前から気になっていたカフェに寄ることにしました。

 

「MONZ CAFE 門前仲町店です。

 

 

深川不動堂の参道沿いにあります。

外観からとてもお洒落な雰囲気が漂っていました。

店内も木のインテリアや置いてある雑貨がお洒落ですごく居心地が良かったです。

 

今回のお目当てはこちらのケーキです!

 

 

今の時期は期間限定で桜の塩パウンドケーキを注文することができます。

 

四角いパウンドケーキの上からたっぷりと生クリームがのせられたSNS映え間違いなしのケーキです。

ピンク色の桜のトッピングが春らしくてかわいいですね。

見た目はもちろんですが味もとても美味しく、大満足して店を後にしました。

 

門前仲町から清澄白河方面に少し歩けば、サードウェーブコーヒーが楽しめるお店やミュージアム、ギャラリーなど楽しめる場所がたくさんあります。

 

春になるとお出かけする機会が増えてきますよね。

お寺でパワーをもらいカフェやギャラリーでゆったりとした時間を過ごす、なんて休日があってもいいかもしれませんね。

 

 

-Maiko-

 

-お寺