おまいり日和 Blog

Omairi Biyori Blog

神社

全国で唯一の八方除けの神様

2018/10/05

先日お中元で梨をいただく機会がありました。

梨というと千葉や茨城、鳥取などが有名ですが、今回いただいたのは神奈川県の寒川町で作られた梨でみずみずしく美味しかったです。

 

寒川町といえばまず思い浮かぶのが、相模の国の一之宮「寒川神社」です。

今回は最強の厄除パワースポットとも謳われる寒川神社についてご紹介します。

 

JR相模線「宮山駅」から徒歩約5分、車の場合は圏央道寒川北インターから約5分で行くことができます。

神池にかかる太鼓橋は神様がお渡りになる橋と言われています。

御祭神

・寒川比古命(さむかわひこのみこと)

・寒川比女命(さむかわひめのみこと) 

この2柱の神様を寒川大明神と呼ぶそうです。

 

寒川神社は全国唯一の八方除の守護神として約1600年の歴史を持つ神社で、源頼朝、北條義時、武田信玄など数多くの武将の信仰を集めました。

八方除けというのは、地相・家相・方位・日柄などからくる全ての悪事災難を取り除き家業繁栄・福徳円満をもたらすご利益です。

また視聴率祈願の神社としても知られ、テレビ関係者も多く訪れるそうです。

 

三の鳥居をくぐると、緑豊かな落ち着いた雰囲気の参道を歩いていきます。

この時点で心が鎮まるようなパワーを感じます。

 

手水舎には天皇陛下御製がかかっていて、毎月変わるそうなので要チェックです。

進んでいくと楼門の向こうに御社殿が見えてきました。

御社殿は回廊に囲まれ美しく荘厳な雰囲気で、清々しい空気が流れているような気がします。

寒川神社は「ご来光の道」と呼ばれるレイライン上に位置していて、夏至・冬至・秋分・春分に太陽が神社の真上を通ります。

この4つの日は1年のうちで太陽のパワーが最も高まる日と言われ、寒川神社では最強のパワーを真上から受けることができます。

実際に行ってみると通常の日でも十分力強いパワーを感じました!

 

御社殿の右側には渾天儀と呼ばれる天体の位置・星等を観測する器具のレプリカが設置されています。

龍は天空を支える、という故事にならい四隅に龍が配置されているそうです。神秘的で素敵なデザインです。

昔から星の行方は人々に方角を教えてくれるだけでなく、国家の命運を握ると考えられていたことから、八方除けの神社ならではの方位信仰に繋がる象徴とも言えます。

 

参拝を終え授与所に立ち寄った際に面白いお守りを発見しました。

「健康招徳守」

お守りがゲンコツの形をしていて、握りしめることで健康な体と幸福を授かることができるそうです。

こんなユニークなお守りは他で見たことがありません!

敬老の日に祖父と祖母にプレゼントしようと思いお受けすることにしました。

 

他にも「心願守」というお米型のお守りがありました。

 

インスタグラムで全国各地の個性豊かなお守りを掲載しています。

是非のぞいてみてください♪

↓↓↓

https://www.instagram.com/omairi_biyori/

 

帰りがけに境内の売店に立ち寄ると、美味しそうなお団子が売られていました。

みたらし団子とごま団子です。表面は焦げ目が香ばしく中はとてもソフトな食感でどちらもとても美味しかったです!寒川神社には他にも八福餅という名物のお菓子があるようなので今度来た時に食べてみたいと思います。

 

秋の行楽シーズンに最強のパワースポット「寒川神社」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

-Maiko-

-神社