おまいり日和 Blog

Omairi Biyori Blog

神社

富岡八幡宮で発見した可愛いお守り

2018/10/05

8月に入りまだまだ暑い日が続いていますが、夏といえばお祭りの季節ですね。

東京の夏祭りの中でも有名なのが江戸三大祭りのひとつ「深川八幡祭り」です。

今年は8月11日(土・祝)~8月15日(水)の5日間、様々な奉納行事が富岡八幡宮の境内で開かれ賑わいます。

 

今回ご紹介したいのはお祭りの開催地である「富岡八幡宮」です。

富岡八幡宮は東京メトロ東西線の門前仲町駅から徒歩4分、居酒屋がたくさん立ち並ぶ永代通り沿いにあります。赤い鳥居が目印です。

江戸最大の八幡様と言われている富岡八幡宮の主祭神は、武運の神様である応神天皇(誉田別命)です。

スポーツや賭け事などの勝負ごとにご利益があるとされています。

その他相殿神として8柱の神様(神功皇后・仁徳天皇・天照皇大神・常磐社神・武内宿祢命(たけうちのすくねのみこと)・日本武尊・天児屋根命(あめのこやねのみこと)・竈大神(かまどだいじん))がお祀りされています。

また境内には17社もの末社が鎮座していて、様々なパワーをいただくことができます。

 

末社のひとつ「野見宿禰神社(のみのすくねじんじゃ)」には相撲の神様が祀られています。

富岡八幡宮は大相撲発祥の地とされ、その昔境内では本場所が行われていました。そのため境内には相撲に関連した碑が多く建っています。

 

・横綱力士碑

1900年(明治33年)、第12代横綱陣幕久五郎が発起人となり歴代横綱を表彰するために建てられたそうです。

大きさは高さ3.5メートル、幅3メートル、重量は20トンに及び、その存在感には迫力があります。現在でも新横綱誕生時には相撲協会立会いのもと刻名式がおこなわれ、境内では新横綱の奉納土俵入りなどの式典が行われます。

本殿の右手を進むと見つけることができるので、お参りした後に是非行ってみてくださいね。

左右に彫られているお相撲さんを近くで見てみると、その線の細かさに驚きました。

 

・大関力士碑

歴代大関を表彰するために1983年(昭和58年)に建てられた石碑で、表参道の鳥居をくぐってすぐ右手に見ることができます。

明治時代に活躍した歌舞伎役者である九代目市川團十郎と五代目尾上菊五郎が寄付した2基の仙台石を活用しているそうです。

その傍らには巨人力士碑、巨人力士手形足形碑 等が建てられ、相撲ファンに親しまれています。

 

・巨人力士手形足形碑

せっかくなので自分の手と比べてみました。指先が第二関節までしか届いていません。

力士の手ってこんなに大きいんですね!

相撲関連以外にもたくさんの見どころがあります。

 

・伊能忠敬の銅像

17年かけて自分の足で日本全国を測量し、初めて日本地図を作ったことで有名な伊能忠敬

当時深川界隈に住み、測量に出かける際には必ず富岡八幡宮で安全祈願をしていたことから、ゆかりの地である富岡八幡宮に銅像が建てられました。

「地図を作った人」くらいの印象しかありませんでしたが、その昔自分と同じようにお参りに来ていたのかと思うと急に親近感が湧いてくるものですね(笑)。

 

・日本最大の神輿

1991年(平成3年)に高さ4.4メートル重さ4.5トン、随所に純金・宝石が散りばめられた豪華絢爛な一宮神輿が奉納されました。

写真では伝わりづらいかもしれませんが、実際に見てみると全体が金色に光り輝きとても美しいです。ところどころに埋まっている宝石を見つけるのも楽しいですよ。

本殿は鳥居と同様に赤く、とても迫力があります。

9月にバレーボールの大会に出場予定なので、試合で勝てるようお願いしてきました。

 

賽銭箱の付近に気になる看板を発見。

・えんむすび守(初穂料800円)

・福縁銀杏守(初穂料800円)

 

富岡八幡宮の本殿裏にある御神木、二本のイチョウの木に由来したお守りのようです。

特にえんむすび守のピンク色に惹かれて授与所に向かいました。

パステルピンクとパステルブルーの銀杏のお守りが赤い紐で結ばれたお守りです。運命の赤い糸みたいでロマンチックですね。

さらにこのお守りの台紙の裏にはお願い事が書けるようになっているんです。

願い事記入後にハート型に折り、境内に設置されている祈願箱に投函するように案内されています。願いを込めたピンク色のハート折り紙は後日神主さんがお焚き上げしてくれるようです。

祈願箱の投函口がハートになっていて可愛いです。

折り紙なんてすごく久しぶりで、なんだかキュンとしてしまいました。

良いご縁があるようにとお受けしましたが、ゆっくりとお願い事を書きたかったので家に持ち帰りました。祈願箱に投函するためにも近いうちにまた行こうと思っています。

 

また以前インスタグラムにもUPした、漁師町であった深川ならではのお守り「釣行安全、大漁祈願守」(初穂料800円)もとても人気があるようなので、漁や釣りをする方にはオススメです。

明日からいよいよ深川八幡祭りが始まります。

お祭りに行かれた際には是非富岡八幡宮にお参りに行ってみてくださいね。境内の多彩なパワースポットから夏を乗り切る力をいただけると思います!

 

-maiko-

-神社