おまいり日和 Blog

Omairi Biyori Blog

神社

縁結びで話題の神社

2018/09/28

太宰府天満宮天開稲荷社のお参りを済ませた後、もう一ヶ所近くに神社があるとのことでそこに向かってみました。

最近、縁結びの神様として話題になっている竈門神社です。

 

太宰府天満宮からは上り坂続きと聞いたので、太宰府駅まで戻ってバスで行くことにしました。

バスを降りると、すぐ目の前が竈門神社でした。神聖な山とされている宝満山の麓で、空気がとても綺麗です。

宝満山を遠くから見ると、煮炊きをするかまどの形に見えることから、竈門神社と呼ばれるようになったそうです。

バスの車内から、宝満山を撮ってみました。険しいのに頂上が平らで広い姿が、かまどにそっくりです。10分くらいで到着しました。

 

石段を登ると、御本殿が見えてきました。自然豊かな場所にあり、爽やかな空気が流れる場所です。

御祭神は玉依姫命(たまよりひめのみこと)で、魂と魂を引き寄せるご利益があります。そのため古くから「縁結びの神」として広く信仰されてきました。

恋愛だけでなく、仕事やその他の場面で多くの縁があるよう、お祈りしました。

境内入ってすぐの場所には、「幸福の木」と呼ばれる木があります。

恋の願いを「こより」に書き、この木に結んで祈れば叶うと信じられています。鮮やかなこよりが結び付けられていて、とてもフォトジェニックです。

幸福の木のある一帯は展望台になっていて、太宰府市内を一望しながら休憩することができます。

とても暑い一日だったのですが、木陰で風景を見ながら休んでいると疲れも和らぎました。

何といっても有名なのは授与所ですよね。

まるでデパートや空港のカウンターみたいです。これが授与所なのか…!と初めて見た時衝撃を受けました。

その中でも面白いお守りを見つけました。

戀守りというお守りです。「戀」は「恋」の旧字体です。難しい形なのですが、想いを伝えたくても伝えられない、もどかしい思いが「言」に「糸」が絡みつく様子で表されているそうです。

想いが叶うことを願いながら、糸をほぐして綺麗に巻き直します。

このことでもつれた自分の気持ちを整理して、しっかり伝えられるようにと祈願されているそうです。

なんだか勇気が湧いてきた感じがします(笑)

 

この戀守りは、全国各地のお守りを集めたインスタグラムにも載せました。

https://www.instagram.com/omairi_biyori/

フォロー&いいね!して下さったら嬉しいです。

 

お参りして、とても爽やかな気分でバスに乗って駅に戻りました。

10月には秋のえんむすび大祭が執り行われます。更に神社の一帯は紅葉も綺麗だそうです。

この秋のお出かけに、太宰府に行かれてはいかがでしょうか。

 

-daiki-

-神社