おまいり日和 Blog

Omairi Biyori Blog

神社

都心の神社めぐり

今年も残すところあと2週間となりましたね!

10日後にはクリスマスもあり、街中イルミネーションで一杯になっていることと思います。

 

そこで先週、都内中心部で神社巡りをし、帰りにイルミネーションを見てきたので紹介します!

 

まずは溜池山王駅そばに鎮座する日枝神社に行ってきました。

駅から地上に上がると、そこから更にエスカレーターで境内まで上がることができ、とても助かりました。

 

 

日枝神社は江戸城(※現在の皇居)から見て南西の鬼門、悪いことが入ってくるとされる方角にあり、江戸城を守護する神社として将軍家の崇敬を受けてきました。

 

 

爽やかな小春日和の空に拝殿が映えています。

この日は12月に入って最初の週末ということもあり、まだ七五三の親子連れが多数いました。

 

早速参拝を済ませ、御朱印を受けます。

実は今回、御朱印帳を忘れてしまったので、書置きのものを頂きました。

 

 

するとびっくり!?

まさるくんのクリアファイルと木札も一緒に頂けました!

 

ここまで頂けるのかと驚きました。これは、紙で頂いた方限定だそうです。

 

そこから、六本木方面に向かって歩きました。

外堀通りを渡ってTBSの前を通り、歩くこと15分ほど、次の目的地の赤坂氷川神社です。

赤坂氷川神社は赤坂と六本木一帯の氏神様です。

 

 

一歩足を踏み入れると、赤坂や六本木と言った地域にあることが嘘のように静かな境内です。

私が特に感動したのはご社殿です。

 

 

8代目将軍徳川吉宗が1730年に寄進したもので、安政地震・関東大震災・太平洋戦争での被災を奇跡的に免れました。

都心でこれらを全て免れてそのままの姿を残している建物は、ほとんどありません。

境内各所にも江戸時代の元号が彫られた石碑が多くあり、当時とほとんど変わらない風景なんだな…と感じ入っていました。

 

東京十社巡りの案内がありました。

これは明治天皇が明治元(1868)年に、東京の鎮護と万民の平安を祈願されたお社のことです。

そのお社を巡ることを東京十社巡りと呼び、昭和50(1975)年、昭和天皇のご即位50年を奉祝して、この十社めぐりが始まりました。

 

各神社ではミニ絵馬が授与されています。

これを集めて、大型の別売りの絵馬に飾る仕組みになっています。

 

 

お参りを終え、日比谷線六本木駅に着いて改札を入る前に六本木ヒルズに入りました。

もう日も暮れる時間で、イルミネーションが点灯されていました。

 

 

けやき坂通りからは東京タワーも見通せ、イルミネーションがきれいです。

 

東京タワーの中に鎮座するタワー大神宮の御朱印を受けるには、通常は5名以上から受付のツアーに参加する必要があります。

しかし今月の9日、16日限定で、個人でも御朱印を頂けるそうです。

今度の週末はまた、御朱印帳を持ってタワー大神宮にお参りに行きたいと思います。

 

東京の真ん中でも、魅力あふれる神社が多くありました。

来年も神社・仏閣巡りを続けていきたいと思います。

皆さんよいお年をお迎えください!

 

-Daiki-

-神社